トゥールビヨンとスケルトンデザインが融合した時計をどう選ぶか?

トゥールビヨンとスケルトンデザインが融合した時計をどう選ぶか?

営業時間
現在位置: トップページ > ブランド最新情報 > トゥールビヨンとスケルトンデザインが融合した時計をどう選ぶか?
トゥールビヨンとスケルトンデザインが融合した時計をどう選ぶか?
 
ユリス・ナルダンの時計は、ハンサムでエレガントです。 豊かな歴史を持つユリス・ナルダンは、常に時代とともに進化し、その革新性に妥協することはありません。 シリコンのパイオニアであり、常識を覆す「気まぐれ」なクリエイターであり、「X」の無限の可能性を秘めた冒険者なのです。 2018年以降、FreakX、DiverX、そして今回のBlastXと、ユリス・ナルダンは「X」の要素を時計に取り入れてきました。 新しい「X」は、時間の神秘に何をもたらすのでしょうか。 それでは、ローズゴールドの新作「ブラスト・スケルトン・トゥールビヨン」を見てみましょう。
 
 
 
角張った形状
 
 
 
モデル:1725-400-02
 
新しいブラスト・スケルトン・トゥールビヨンは、シャープなラインを持つ非常に個性的な形状をしています。 このデザインは、レーダー探知を回避するステルス戦闘機から派生したものです。 ステルス戦闘機は、エッジを揃えて三角形の鋸歯状にすることで、レーダー電磁波を反射させ、レーダーに探知されないようにし、「見えない」ように設計されています。
 
新しいラグはシャープな形状で、ポリッシュ、サテン、サンドブラストの質感が交互に現れる3つの明確なトライアングルエリアを備え、時計に力強さを与えています。
 
 
 
(数字は塗り潰されています)
 
ケースは、ベゼルにブラックセラミック、アッパーケースにローズゴールド、ミドルケースにDLCコーティングを施したチタンという3種類の素材を使用。 3種類の素材を中和してそれぞれの良さを引き出し、近未来的な印象を与えています。
 
 
 
片側のリューズには、ユリス・ナルダンのアンカーロゴが刻印されています。
 
スケルトンデザイン+トゥールビヨン
 
今年は、ユリス・ナルダンが「X」の要素を新たに解釈し、サンドイッチスタイルのダブル「X」デザインで、レイヤーを強調することに成功しました。 1層目は黒い長方形のベゼルに接続された少し小さめの「X」構造で、2層目は大きめの「X」デザインです。 この新しい形状は、時計全体のタフで厳かなスタイルによりマッチしています。
 
 
 
スケルトン仕様のデザインが目を引きます。 12時位置には香箱、その上には時計を巻き上げるプラチナ製のマイクロローターが配置されています。
 
 
 
6時位置のトゥールビヨンは心臓の鼓動であり、金色のバランスホイールが絶えず回転するのを見ることができます。
 
 
インデックスと針には夜光塗料を塗布し、暗闇で青い光を放つようにしています。
新しいムーブメント
 
 
 
キャリバーUN-172は構想から完成まで18カ月を要した。 このムーブメントは、キャリバーUN-171をベースに設計を見直し、グレードアップしたものです。 振動数は18'000V/H、パワーリザーブは約72時間で、50m防水です。
 
 
 
クラスプもピンクゴールド製で、ピンバックルがずれにくい設計になっており、安心して身につけることができます。
 
 
要約すると、新しいブラスト・スケルトン・トゥールビヨンは視覚的に印象的で、すでに多くの時計愛好家がその額面通りに落とし穴に誘導されていると聞いています。 ユリス・ナルダンは個性的でユニークな時計で知られていますが、このブラスト・スケルトン・トゥールビヨンでは、クラシックな「X」の要素、研磨技術、スケルトン技術、複雑なトゥールビヨン機構、シリコン脱進機が一体となり、才能と外観、さらに強い運動感覚とさらなる強靭さが実現されています。 新作「ブラスト・スケルトン・トゥールビヨン」は、上記のローズゴールドのほか、ホワイト、ブラック、ブルー、そして先日発表されたハイジュエリーモデルの5モデルがあり、いずれも現在ユリス・ナルダン旗艦店にて試着・購入が可能です。
 
Copyright © 2015 | YoKowatch スーパーコピーブランド | All Rights Reserved.
禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事写真図表などの無断転載を禁じます -