世界のトップオークションで、希少な1960年代のヴィンテージ・インジを静かに手に入れる方法

世界のトップオークションで、希少な1960年代のヴィンテージ・インジを静かに手に入れる方法

営業時間
現在位置: トップページ > ブランド最新情報 > 世界のトップオークションで、希少な1960年代のヴィンテージ・インジを静かに手に入れる方法
世界のトップオークションで、希少な1960年代のヴィンテージ・インジを静かに手に入れる方法
 
なぜ約束通りなのか? 毎年、世界中で大小合わせて数十から数百の時計オークションが開催されていると言われています。 しかし、1年の中で最も重要で意義深い時計オークションは、5月と11月にスイスのジュネーブで開催される春と秋のオークションです。
 
グランド・ジュネーブの春と秋の時計オークションでは、1つのオークションハウスだけではなく、世界最大かつ最も重要な時計関連のオークションハウスが参加し、複数のオークションハウス(クリスティーズ、サザビーズ、フィリップス、アンティコルムなど)が数日間にわたって同時進行で販売を行います。 アンティークやモダンな時計の量と質の高さは圧倒的で、時計愛好家やコレクターにとってはお祭りのようなものであり、買い手と売り手が世界的に集まる場でもあります。
 
 
 
私は時計記者として、2011年から2回のジュネーブオークションに参加し、取材をしてきました。たまに欠席することもありましたが、基本的には毎年5月と11月にジュネーブに行っています。 特に最初の数年間は、私のライブ中継によって、多くの中国の時計愛好家がジュネーブの時計オークションシーズンを追いかけ、エキサイティングなオークションプロセスや多くの重要なロットの伝説的な価格を私と一緒に体験することができました。その中には、史上最も高価な時計、2014年11月11日の夜にサザビーズで約1億5,000万人民元で落札されたパテック・フィリップの超複雑なヘンリー・グレーブスの1930年代の懐中時計も含まれています。 1930年代のオーダーメイドのポケットウォッチ。 この伝説的な懐中時計をコレクターのために「購入」したのは、---- の時計部門の責任者である Aurel Bacs であり、今日の時計オークションの世界で最も有名な人物の一人です。
 
 
2014年11月11日の夜、サザビーズで史上最高額の時計が約1億5千万元で落札された様子
 
 
クリスティーズを離れ、サザビーズで顧客のために集中的に入札を行っているAurelBacs氏
 
ジュネーブで開催された2つの重要なオークションを知っている私のレポートによれば、ここ数年、中国のコレクターや時計愛好家が自らジュネーブに赴き、ライブオークションに参加するケースが相次いでいるという。 新品の時計と同様に、海外の重要な時計オークションでは、ヴィンテージや中古の時計のバイヤーにも中国人の顔が増えてきています。
 
私は11月8日にジュネーブに到着し、まず11月9日にフォイエズで開催されるオークションプレビューを見て、その夜に開催される2018 GPHG(Grand Prix de l'Horlogerie de Genève、時計界のアカデミー賞)の授賞式に出席しました。 道路には観光客の姿はなく、早足で歩く歩行者ばかりだ。 モンブラン通りは、主要鉄道駅とレマン湖畔を結ぶジュネーブの主要道路です。 この端、駅の近くからは、遠くに湖が直接見えます。 太陽が輝いているときはとても美しい。通りには時計店やレストランが並び、企業が道の真ん中にテーブルや椅子を置いて、人々がコーヒーやビールを飲みながらくつろいでいる。
 
湖にかかる橋は、モンブラン通りの真向かいにあります。
 
私は襟とスカーフを再びきつく締める。 スイスでも中国の北部と同様に、冬の室内は暑いが、一歩外に出ると完全武装しなければならない。 しかし、幸いなことに、遠くに太陽の光が見えていたので、湖に着く頃には太陽が出ているかもしれない。 レマン湖のほとりには太陽が輝いていて、いつも絵のような美しさです。
 
湖に向かう道は、いつも時計専門のオークションハウス「アンティギュレン」のオフィスとショールームの前を通っています。 アンティークウォッチオークションの世界で一世を風靡したアンティコルムが歴史に名を残し、今はもうないということで、入るのをためらっていました。 その前年に中国本土での不適切な行為があったために反対し、10年以上も良好な関係を保っていたアンティコルム社とは次第に疎遠になっていきました。 今回のオークションはパスするつもりでした。
 
レマン湖畔のイングリッシュ・パークにある有名な「花時計」。
 
しかし、プレスの一員として、また時計を愛する者として、アンティコルムの扉を開かずにはいられませんでした。 いつものようにギャラリーの左側に行き、新しい本が出版されていないかを確認してから、オークションに出品される時計の展示を見に行きました。---- 以前は「じっくりと」見ていましたが、今回は「見るだけ」にしました。ハハハ。
 
驚いたことに、最初のアンティコルムのショーケースに展示されていた時計に、入ってすぐに惹かれました。 Antiguerinのショールームのディスプレイケースは昔から変わっていない。ドアから見える1つのディスプレイケースが最も目立つ位置にあり、その後ろには4列の長いディスプレイケースが並んでいる。 ですから、急いでいる人や一見さんが目にするのは、この一番目立つところにある展示物であることが多いのです。
 
このキャビネットの中央には、普段のオークションではあまり目にすることのないブランドと時計、エニグマが置かれていました。 キーとなったのは、このエニグマの文字盤の色で、遠くからでも目に飛び込んできました。 この場所には、ロレックスの様々な人気商品である「ディトナ・ポールニューマン」がよく登場します。
 
よく見ると、ロット556は、初期のイネルジ・クロノグラフです。 クリスタルはアクリル製で、ドーム型の高凸のものを使用し、丸みを帯びたヴィンテージ感のある外観に仕上げています。 遠くから見ても魅力的な文字盤は、非常に「派手」な色をしています。 近づいてみると、さまざまなディテールが見えてきて、さらに魅力的です。
 
 
 
一見して、この時計はある年代のものですが、非常に新しいものでもあります。特に、文字盤に使用されているメインカラーについては、ヴィンテージウォッチに精通していない人にとっては、現代のデザインと見紛うばかりです。3時位置のミニッツカウンターと6時位置のアワーカウンターには、非常にポジティブで鮮やかな真紅のカラーが使用されています。---- これは事実ですが、1950年代から70年代のクロノグラフの文字盤には 赤が多いのはもちろんですが、一番意外だったのは、大秒針を含めた3本のクロノグラフ秒針がすべて緑だったことです!(笑)。 鮮やかなグリーンの新鮮で鮮やかな色合いです。 このグリーンの色は、ヴィンテージの文字盤にはほとんど使われておらず、正直なところほとんど見たことがありません。
 
 
 
9時位置のスモールセコンドカウンターはクリーム色で、20秒、40秒、60秒の数字は3つの明るいオレンジ色のセグメントで結ばれています。 文字盤の外周とタキメーターの数字には、クラシックなオレンジを採用。 全体としては、黒の文字盤にこれほど多くの「反則」ともいえる色が使われていることになります。---- ちなみに、アワーマーカーとセコンドマーカーは白で、ごちゃごちゃした感じがしないどころか、様々なディテールや全体的な雰囲気:見れば見るほど良い感じになります。
 
気に入ったからには、調べてみないといけません。 鞄と服を置き、カタログを見つけて、この時計の詳細をじっくりと調べた。 調べてみると、私が思っていたよりも少し前の年代のもので、当初は1960年代か1970年代のものだと感じていたのですが、カタログには1965年頃と記載されていました。
 
 
 
オークションカタログには、他にも2つの重要な情報が記載されていました。1)装着されていたムーブメントはバルジュー72で、この時代の非常に美しいクロノグラフムーブメントです。 当時のロレックス・デイトナ(今ではオークションで数十万ドルの値がつく)やプレミアムブランドのクロノグラフの多くはバルジュー72を搭載していた。 2、見積もりは5,000〜7,000スイスフラン、手数料を含めてもほぼ4〜6万元の許容範囲内だった。 なぜこの価格が許容範囲内なのか?なぜなら、ブランドを問わず、1965年(半世紀以上前)に製造されたバルジュー72ムーブメントを搭載したスイス製の1960年代ビンテージ・クロノグラフで、ユニークで希少な文字盤デザインを持ち、新品同様の素晴らしい状態のものは、どのブランドでも数万元でプレイダウンしてもおかしくない時計だからです。 同じ時計でも、ロゴがスターブランドのものであれば、価格はもっと高くなるはずです。
 
これは、...... のように自慰行為で喜びを盗む。 その時計はまだ自分のものではないので、最終的にどれだけ撮影されるかわかりません。 見積もりは、どちらかというと確実な数字であり、脅かすほどのものではない。
 
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
Copyright © 2015 | YoKowatch スーパーコピーブランド | All Rights Reserved.
禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事写真図表などの無断転載を禁じます -